ベネッセインフォシェル
を知る

社内制度

人生も仕事も「よく生きる」ために。

ベネッセグループは「教育」と「介護」を事業領域の柱としているので、社員に対しても、子育てや介護をしながら働き続けられる環境を提供できるよう努めています。実際、性別に関わらず多くの社員が、育児と両立しながらの時短勤務や、介護を続けながらの在宅勤務、スーパーフレックス制度による時差出勤などを活用し、柔軟な働き方をしています。

スーパーフレックス
勤務制度

在宅勤務制度
(リモートワーク)

時短勤務制度

地域限定社員制度

スーパーフレックス勤務制度(コアタイム無し)

コアタイム(出社しなければならない時間帯)がなく、社員一人一人が、他のメンバーとコミュニケーションを取りながら、出社・退社時間を設定して柔軟に働くことができる制度となります。

もちろん在宅勤務(リモートワーク)にも対応できます。

在宅勤務制度(リモートワーク)

岡山・東京ともに、コロナ禍収束後もリモートワークが継続できる環境整備を推進しています(担当業務による)。

時短勤務制度

育児支援を目的とした勤務制度です。会社の規程で定めた範囲の乳幼児や子供を育てている場合、上司と相談して勤務時間を9:00〜15:00、9:00〜16:00に設定することができます。制度利用の開始・終了時期についても上司と相談の上、双方の合意に基づき決定・変更できます。

地域限定社員制度

多様な働き方支援の一環として、ご本人のキャリアビジョンやライフスタイルの変化に対応するため、全国転勤だけでなく、地域を限定した働き方を支援する制度です。