事業案内

  1. HOME
  2. 事業案内
  3. システム開発サービス

システム開発サービス

「システム開発部門」では、ベネッセのグループ企業を対象に、基幹情報システムおよび各事業の
コンピュータシステムの構築支援・改訂、セキュリティ脆弱性対策などのサービスを行っています。

システム構築支援 System development support

株式会社ベネッセホールディングスシステム部門が主導する、新システム開発の支援を行っています。併せて、外部のシステムインテグレーターに新規開発を委託するケースでも、設計段階からプロジェクトに参入。管理効率、改訂のし易さ、高セキュリティレベルの維持など、稼働後を見据えたシステム開発の支援を行っています。

プロジェクト体制図と役割

図:プロジェクト体制図と役割

システム改訂 System Revisions

グループ企業各社の、商品やサービス変更に伴うシステム改訂を行っています。

改訂によって、システムのポリシーや汎用性・拡張性が損なわれることがないよう留意するだけでなく、担当者や要件によって差異が生じないことにも重要視。「標準化された状態=統制のとれたシステム改訂」を目指した、実用性の高いシステム改訂に取り組んでいます。

統制の取れたシステム改訂

図:統制の取れたシステム改訂

セキュリティ脆弱性対応 Security Vulnerability Response

グループ企業各社が公開しているwebシステムの、セキュリティ脆弱性をチェック。脆弱性が発見された際のシステム改訂を行っています。

最新のセキュリティ強化対策を講じるため、国内トップクラスの情報セキュリティ企業 株式会社ラックと共同。外部からの攻撃と対策について情報収集し、ガイドラインのアップデートを頻繁に実施しています。